酔ったイキオイと以前から興味があったのとがうまい具合にあわさったので、oscommerceを使ってなんとなくショッピングサイトを作ってみた。なんなんだ、この簡単さは。

でも、気がかりなことが一つある。

「googlebot、ぐーぐるぼっと、ぐーぐるろぼっと、ぐーぐろぼっと・・・だいだらぼっちみたいだね」

相変わらずずんこがおかしいです、かあさん。

珍しく頭を使ったら頭痛がしてきた。
どれ、気晴らしにマイアヒーでも踊るか。

マイアヒー

マイアヒー、マイアフー、マイアハー、マイアハッハー(5.46MB)

さあご一緒に!

5月12日にシックス・アパート株式会社から公開されたMovable Typeの脆弱性の件について、再考すべきだと判断したのと、後学のために自分の考えをまとめておこうと思ったため、新たにエントリを作っておくことにします。

Movable Type Publishing Platform: 【重要】 第三者による不正アクセスを許す危険性の対策について

【重要】 第三者による不正アクセスを許す危険性の対策について

Movable Type(ムーバブル・タイプ)の脆弱性により、第三者による不正なアクセスが可能であることが確認されました。

ざーとまとめると、こういうことなのだそうです。

  1. Cookieをゲトした悪人が/mt/mt.cgiにアクセスできるとマズいかも
  2. Cookieをゲトした悪人が/mt/mt-xmlrpc.cgiにアクセスできると(略)
  3. Cookieをゲトした悪人が/mt/mt-atom.cgiに(略)

mt.cgiはいつも使ってるのでわかりますけど、後半2つのCGIは触ったことすらないので何に使うのか知りません。でもとにかく危険なんだそうです。へえ。それじゃ対策しましょうか。

10分前から、斜め前に座っている山本さんが

カコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコカコ

と、ひたすら2つのキーを交互に打ち続けています。

Schedule: The Real Group Live Tour 2005〜In The Middle of Life〜

明日、このライブの前座に妹がアカペラを歌うそうです(ピンじゃないですけど)。行けそうな人はこの機会にZEHI。

ちなみに僕は仕事の都合で行けません。あしからず。

先日ずんこが寝言で

「私はまだおかあさんに呼ばれてないから生まれてないの」

とのたまいました。

現実世界では小学生と間違われていましたが、夢の中ではそれを通り越して生前にまで戻っているのでしょうか。
全く妻がピーターパン症候群で困ります。

NICOSを騙ったフィッシングメール出現~本文は不自然な日本語

 「あなたの記述へ多数のアイデンティティのログオン盗難試みが最近ずっとある」と不自然な日本語でIDとパスワードの入力を促すフィッシングメールについて6日、日本信販が警告した。

Longhorn先取りの新Mac OSが登場,PCで稼働する可能性も : IT Pro ニュース

 米Apple Computerは4月29日午後6時(米国時間),Mac OSの新版「Mac OS X 10.4」(開発コード名Tiger)を米国中のApple Storeで販売開始した。このTigerは,Microsoftが2006年に出荷予定のLonghornで搭載すると言っていたものと同等の機能を,数多くしかもすぐに提供する。残念なことに,今のところTigerはIntelベースのハードウエアでは動かない。

 だが,私がWinHECで聞いたうわさが本当なら,すぐに動くようになるかもしれない。Microsoftのエバンジェリストが私に対して,AppleはIntelプラットフォームに移行しつつあると言ったのだ。それに加えてIntelの技術者が,同社のサンタクララにあるラボで,Intel互換版のTigerが今動いていると言ったのを聞いた。真偽のほどは不明である。うわさが本当かどうかよりも,面白いうわさは伝わるものだ。

もしこれが噂ではなく真実だとしたら、大変迷惑な話だ。我が家のPCがまた一つ増えちゃうじゃないか。

地獄度:★★☆☆☆
天国度:★☆☆☆☆
ありきたり度:★★★★☆
原理主義度:★★★★★
--------------------------------------------------------
総合:★☆☆☆☆

公式サイトより抜粋。

たった2分間だけ成功した自殺の罪を贖うために、天国と地獄のエージェントとなった男、ジョン・コンスタンティン。正義とは無縁の彼の戦いには、パターン化されたありきたりの勧善懲悪の影は微塵もない。信じていなかった超常現象に事件解決の糸口を見出してしまう刑事、神の代行者でありながら個人的な陰謀を企てる天使(ルビ:ハーフブリード)、悪魔祓いができない司祭、天使と悪魔の両方が集うナイトクラブを経営する実業家……。既存のステレオタイプで語れるキャラクターは皆無だ。誰もがそれぞれに矛盾と謎を抱え、背景にはみっちりと描き込まれた物語性を負っている。そして、その真ん中にいるのが、ヒーローになりたがらないヒーロー、ジョン・コンスタンティンなのだ。ストーリーの奥は、どこまでも深い。

ず「わたしさあ、のりを殺す夢を見たんだけど」
い「…え?」
ず「で、なぜかのりのお母さんが『早く埋めちゃいな』ってアドバイスするの」

寝る間際にずんこからこんなことを言われたんですが、こんな時、夫としてどうリアクションするのが正しいのでしょうか?

脚本の完成度:★★★★★
心拍数あがる度:★★★★★
出血多量度:★★☆☆☆
一人暗い部屋で見ちゃいけない度:★★★★☆
--------------------------------------------------------
総合:★★★★☆

amazonの解説より抜粋。

老朽化したバスルームで対角線上に倒れていたふたりの男ゴードンとアダム。その間には自殺死体が。足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。犯人から告げられたメッセージは「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」。犯人はジグゾウ。警察に追われている連続殺人鬼。彼がこれまで犯した犯罪とは…そしてふたりの運命は…。

監督のジェームス・ワンは、アダム役のリー・ワネルとともに脚本を執筆し、本作でデビューした。密室での男ふたりの死との闘いとともに、ジグゾウの犯罪がつづられ、彼らの運命が次第に明らかに。犯人の姿は見えないけれど、残酷なメッセージだけは伝わり、監禁された男たちと同じような恐怖に陥る。たたみかけるショック、謎とき、どんでん返しと、サスペンススリラーの王道をいく展開を、残酷で不気味な小道具を駆使して見せていく、ワン監督の勢いある演出がいい。鋭利な刃物でザクッと切られた感覚を味わえるソリッドスリラーだ。出演はケアリー・エルウェズ、ダニー・グローバー、モニカ・ポッター。(斎藤香)

このサイトについて

自分用リンク

Powered by Movable Type 4.22-ja

PR

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • swfobject.png
  • symfony.png
  • doclean.png
  • clean.png
  • twitterui.png
  • php5.2.8-warning.png
  • pagesaver.png
  • analytics.png
  • Munsell Hue Test.png
  • Munsell Hue Test0.png